*admin*entry*file*plugin| 文字サイズ  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


以前にも、ブログで紹介させていただいた
1度は行ってほしいおススメの街
岡山県新見市
新見御殿町
ここには、古き良き時代を感じさせる
歴史ある新見の町並みが堪能できます

週刊文春の<ぶらりわが街 大人の散歩>の
岡山県新見市の特集がでてました
ぶらり旅の内容を読みながら 
「あぁ~今度はゆっくり行きたいな」と
仕事そっちのけにして旅行のことを考える
部長とすたっふ。
P1050201_convert_20120.jpg


すたっふの新見ストーリー

新見のみなさんお元気ですか~
とても親切で明るい新見のおかみさん達と
また会いたいです




スポンサーサイト

中央商店街と御殿町を満喫した後は、
もう1度駅まで戻りました。
家元電器様のご依頼であるものを作るため、
代々伝わるお着物を見せていただきました。
どんなものを作るのかはお楽しみに
後日ブログにアップしますね

打ち合わせ等の確認を終えると
今度は新見おかみさん会の皆様と座談会のため
場所を移動しました

今回お邪魔しましたお店は、広い3階建て。
イノシシがいたり鹿がいたりかなり豪快なお店でした。
P1040917_convert_2011.jpgP1040928_convert_2011.jpg
そして、新見で有名な松茸。大きいです。 
P1040915_convert_2011.jpg
味の庄 伯備

早速、ご挨拶と自己紹介から
始まりました交流会ですが、
自分達の守るべき町や商店街についての
意見交換はとても充実しており、
大変勉強させていただきました。
P1040926_convert_2011.jpg
左上よりカワソエさん、大澤さん、小河さん
橋本さん、森さん、吉良さん、
家元さん、福井、佐々木さん、
写真には写っていらっしゃいませんが
交流会に少しでもと掛けつけてくださった池田さん。

新見のおかみさんはみんな明るく元気で
とてもパワーを感じました
皆様、本当にありがとうございました

そして、お食事の時には、お酒も入り
楽しいお話をたくさんさせていただきました。
P1040918_convert_2011.jpg

P1040925_convert_2011.jpg
地酒は美味しかったです

お話の中で、新見市がとても水が綺麗で
ビックリしたことも話しました。
道端にある下水道も、澄み切った透明で
本当は写真に撮りたかったくらいです!
さすがに下水道はやめましたが
すごく綺麗で驚きました。
そんな印象を話しましたら、もう少し山の方に行くと
もっともっと綺麗な水と自然がたくさんあると
教えてくださいました。
透き通っているので、お魚もよ~く見えるそうです。
そして、いい温泉もあるそうです
新見市最高
今度は旅行でゆっくり来よう!と決めました。

楽しい交流会となり
あっという間の時間でした。
P1040931_convert_2011.jpg
みんなホント明るい人たちばかり

宿泊するホテルまでの帰り道
川に映る明かりがなんとも綺麗な夜景でした。
P1040932_convert_2011.jpg
(写真だと分かりにくくてごめんなさい

翌朝の景色
高梁川に沿って立ち並ぶ民家もとても印象的です。
P1040940_convert_2011.jpg
自然に囲まれていて気持ちいい~

新見市の駅
P1040941_convert_2011.jpg

翌日には、
もう1度美空ひばりプラザにお邪魔し
記念の写真を撮らせていただきました。
P1040961_convert_2011.jpg

とてもお世話になりました家元さんともパシリ
P1040945_convert_2011.jpg



今回は、私共の都合により
新見市滞在時間:約21時間というタイトな時間
にもかかわらず、
十二分に満喫できるようにと
細部にまでお気遣いいただき、
充実したスケジュールを組み立ててくださった
家元さんには大変感激いたしました。
また、新見駅に到着してから、帰る時まで
何から何までお世話になりました
橋本さんにも心から感謝しております。

最後まで見送ってくださったお二人。
P1040973_convert_2011.jpg
思いっきり手を振るおかみ
「またお会いできる日までお元気で!」

新見市で出会った皆様は、心の底からあたたかく
優しい方ばかりでした。

本当にありがとうございましたm(__)m



<特別グルメ編
1日目にずっとお付き合いいただきました
玉島おかみさん会 浅原さん。
浅原青果 HP
斬新なアイデアが次々と浮かんでくる
まさにキャリアウーマン的女性です。
お忙しい中、ありがとうございました。

そんな浅原さんがいらっしゃる玉島は、
岡山県倉敷市の西に位置し、
山海の産物に恵まれている土地だそうです。
作って持ってきてくださった玉島祭り寿司
P1040733_convert_2011.jpg
めちゃくちゃ美味しくて
実はお昼を食べた後にも関わらず
1人前をペロリと食べちゃいました。
倉敷市玉島にも是非遊びに行きたいと思います




新見の駅から徒歩10分の
中央商店街(新見銀座)へ
P1040734_convert_2011.jpg
山と川に囲まれて気持ちいいです。

P1040768_convert_2011.jpg

P10407591_convert_2011.jpg

P1040762_convert_2011.jpg
入口に立って最初に印象的だったのが、
昔ながらの商店、
歳月を重ねたからこそ生まれる趣の
ある建物でした。

映画「ALWAYS三丁目の夕日」を
連想させるような懐かしさを感じました。
P1040770_convert_2011.jpg

P1040766_convert_2011.jpg
このレトロな感じが、雰囲気いいな~
なんて考えていると
うちのおかみがいきなり

「この看板とてもいいね~!!すごくいい!!」

なんのことだろう?
少し目線を上にあげると、アーケードの屋根に
それぞれの店頭に看板がついていて
そのことを言ってるようです。
P1040765_convert_2011.jpg

実際よくみてみると
長く続く商店街には、
すべての店舗が掲げてあるお揃い看板あり
中央に新見のシンボルマークが入っていました。
そこにはアーケード商店街の全体としての
統一感がありました。
P1040777・_convert_2011
「んん~いいね!深いっ!!」
古い看板は、かつて活気があった商店街を
回想させるかのように力強くもみえました。


地元の方もその声には少し驚いた様子。
「えぇ~この看板?」

毎日通る当たり前の町並みに佇む古い看板は、
見慣れた景色に埋もれてしまって
少しだけ存在感をなくしていたようです。
「よくみると確かにいい感じだね!」と、
興味深く眺めていると・・・

「実は、このアーケードの柱が老朽化が進み、
屋根の部分は取り壊しが決まっている」
とのことでした。
少し寂しい気持ちに感じました

・・・が、その瞬間!

聞こえてきたのが
寂しいではなく前向きな意見。

「じゃあ、この看板を取り壊した後も残しておいて
商店街のためにリメイクしたらどうだろうか!?」

「それいいね!」
「じゃあ、こうするのはどうか!?」
「ああするのはどうか!?」
と、途端にアイデアがどんどん飛び交います。
これが、全国商店街おかみさんのすごいところ。
商店街を盛り上げていこうという想いと情熱は
半端な気持ちじゃないです。
看板のことだけでなくいろんな案がでてきました。

具体的なアイデアは載せられませんが、
この様子だと今後、この中央商店街が
どんな風に展開していくか
とても楽しみです
看板もどう生まれ変わるのでしょうか

そんな元気な新見おかみさん
P1040783_convert_2011.jpg
左から:家元さん、佐々木さん

佐々木文正堂様
P1040789_convert_2011.jpg


商店街をさらに進むと正面に古い建物が。
新見市には歴史ある建物がたくさんあります。
P1040792_convert_2011.jpg


『御殿町まち歩き』というパンフレットもあり
・歴史コース
・町屋コース
と、30分~1時間30分くらいの所要時間で
まわれるコースがあり観光するところが
いっぱいです。

私たちは、太池邸をはじめとして
歴史ある建物を見学させていただきました。
【太池邸】
P1040802_convert_2011.jpg

P1040800_convert_2011.jpg
明治末期の建物
新見初の百貨店として呉服をはじめ、
いろいろな商品を扱っていたそうです。
P1040803_convert_2011.jpg
今は、新見市の交流拠点施設として利用。

隠し階段みつけました(笑)
P1040807_convert_2011.jpg

P1040808_convert_2011.jpg
建物の中に井戸!?
P1040813_convert_2011.jpg
建物は中庭もあって広かったです。

【御殿町センター】
P1040799_convert_2011.jpg
美味しいラーメン屋さんがあるとか

【津国屋 内蔵】
P1040826_convert_2011.jpg
内蔵は1814年の建物
P1040836_convert_2011.jpg
当時使われていた品々
P1040837_convert_2011.jpg
酒蔵の鬼瓦
P1040838_convert_2011.jpg

【三味線横丁】
P1040841_convert_2011.jpg
ポスターにもなっていて
粋なお姉さんが着物姿で新見の夜を盛り上げていた
当時の面影を今に残しています。

【元料亭 松葉】
P1040842_convert_2011.jpgP1040843_convert_2011.jpg
明治26年の建物。
昭和30年頃まで料亭として一世風靡。
端唄・小唄・都都逸と粋な人の集まる
料亭でもあったそうです。

貴重な品々がたくさんあったので、
その一部の中からちょっと問題
コレ何だか分かりますか?
第1問
P1040846_convert_2011.jpg
ヒント:天井に備え付けられていました。

第2問
P1040863_convert_2011.jpg
ヒント:料亭にはかかせないかもしれません。

第3問
P1040879_convert_2011.jpg
ヒント:みゆきプロジェクトにはかかせません。


答え
第1問 ■火鉢
2階で使っている火鉢が1階では
こんな風に出っ張っていたそうです。

第2問 ■お酒を入れる容器。今でいう徳利
P1040862_convert_2011.jpg
左下から炭を入れて、右側にはお酒が入ります。
盃に注ぐときにはいい塩梅の温度となるそうです。

第3問 ■着物の仕立て台
昔はこういう形だったのですね。

全問正解の方スゴイです

他にもたくさんありましたよ!
中央には氷が入るお刺身用の器
P1040868_convert_2011.jpg

P1040858_convert_2011.jpgP1040857_convert_2011.jpg
三味線
P1040886_convert_2011.jpg
とても分かりやすく
ご説明くださいました。
P1040892_convert_2011.jpg
ありがとうございました。
新見御殿町センター
[0867-72-6660(月曜日休館)]
事前にお問い合わせをすると
建物内を見学できる場所も
たくさんあるようですよ!
是非!おすすめです。

【カツマルギャラリー】
P1040905_convert_2011.jpg
明治32年創業。
カツマル醤油醸造 HP
お醤油はもちろんポン酢やお煎餅まで
豊富な品揃え。
ネットからもいろいろ購入できちゃいます。
是非HPを覗いてみてください


ギャラリーには四季を通しいろいろな作品展を
催しています。
きれいなビー玉を使ったアート作品
P1040819_convert_2011.jpg
カツマル醤油醸造 岡本様
P1040823_convert_2011.jpg
貴重なお話をたくさん伺いました。
P1040909_convert_2011.jpg
ありがとうございました。

新見市には魅力的な場所がいっぱい

そして、あっという間に日が暮れてしまい・・・。
私達が見学したところはほんの一部分で
まだまだ見たい建物、知りたい歴史、食べたいグルメは
たくさんありました!

しかし、時間が限られているため
引き続きスケジュールへ進みます

<その3>につづく・・・


10月19日~20日と岡山県新見市に行ってきました
初めての新見市!
とっても素敵なところで
写真もたくさん撮ってきたので、是非紹介したいと思います。


品川から新幹線で3時間ちょっとで岡山到着。
2011101911320000_convert_.jpg
岡山から特急<やくも>に乗換え約60分で新見駅です。
20111019_convert_.jpg
<やくも>から眺める自然の景色に癒されながら
あっという間に新見駅に着きました。
降りた瞬間から、とってもほのぼのとした光景が
目にはいってきました。
P1040707_convert_2011.jpg


・・・と気付くとこちらに向かって手を振って下さる方々が!
新見おかみさん会 
家元さん、橋本さん
玉島おかみさん会
浅原さん
毎日忙しくされている皆様が、
わざわざ私共の到着を待って下さっていました。
「お待たせ致しました!」
大変恐縮いたしましたが、とても優しく迎えてくださいました。
P1040709_convert_2011.jpg
早速、駅の目の前に位置する家元電器さんを訪問。
とても大きい建物と見やすい看板で
ホームからもすぐ見つけることができました。
P1040710_convert_2011.jpg
P1040711_convert_2011.jpg
お店も広くて電化製品はもちろんCDやDVDなど
何でも豊富に揃えてある町の電器屋さんです。


ただ、これが普通の電器屋さんと思ったら大間違い!!!
とっても驚いたのが、こちらの2階には
‘美空ひばりプラザ’といわれてる記念館があるのです
P1040732_convert_2011.jpg

しかも、貴重な品々がいっぱいで半端じゃない
最後の直筆のひばりさんのサイン、
P1040729_convert_2011.jpg
ご本人と一緒に撮った写真
P1040714_convert_2011.jpg
ひばりさんの右側にいらっしゃるのが家元さんです。

レコード・CD・ビデオ・写真・本・アルバムは当たり前
ひばりさんがコンサートのステージから投げたタオルや
座席が1列目や2列目ばかりのコンサートチケット。
P1040720_convert_2011.jpgP1040727_convert_2011.jpg
ファンにはたまりません

等身大のオーダーメイドで作られた
美空ひばりさんまでいます。
P1040718_convert_2011.jpg
P1040716_convert_2011.jpg
非売品もありますし、1日いても飽きないです。
もっと、一つ一つの思い出話を
聞きながらみたいな~なんて、思っていましたが
滞在時間が限られているため次のスケジュールへ


今回の目的は、大きく分けて3つです。
・家元電器様のご依頼により代々伝わる着物を使ってを作る。
の中は出来上がってからのお楽しみに)
・全国商店街おかみさん会として新見商店街の見学。意見交換・座談会など。
・東北地方振袖支援のご協力。



家元さんの呼びかけにより、振袖支援の物資を
新見商店街の皆様よりたくさん支援していただきました。

はじめに伺ったのが、呉服洋品 うえの様
P1040755_convert_2011.jpg
東北地方の支援のためにと
コレもコレもと、どんどん出してくださり。
P1040740_convert_2011.jpg
P1040748_convert_2011.jpg
一番右側、赤いジャケットがお似合いのうえの様です。
その隣、支援のために積極的にお声掛けを
してくださった家元様。
たくさんのご支援ありがとうございます。

また、山中呉服店様でも
P1040771_convert_2011.jpg
「新しい物の方がいいだろうと思って…」と
ご用意をして待っててくださいました。
P1040773_convert_2011.jpg
P1040775_convert_2011.jpg
中央にいらっしゃるのが山中様。
皆様のお気持ちを必ず届けてまいります。
たくさんのご支援をありがとうございます。


その後、新見市の商店街へ。
いろいろなお話をしながら向かいました。
以前は新見銀座といわれ
とてもとても盛んだったそうです。
今は中央商店街と呼ばれるようになり
少し閑散としているイメージだということです。


商店街の入口まで歩いていくと、
とても印象的な出来事がありました。
小学校からの帰りでしょう
前から集団で帰宅する小学生達が歩いてきました。
P1040759_convert_2011.jpg
横切るときに「**ました~」と聞こえ、
大人たちが「お帰りなさい。」と声をかけているんです。

「ん?」

小学生の言葉に耳を傾けると大きな声で
「戻りました!」と挨拶をしています。
しかも、礼儀正しく、私達にもしっかりと
「戻りました!」とみんなが笑顔で言ってくれました。
なんて素直な気持ちのいい子供たち
これは、こちらもしっかり返さなくてはと思い
「お帰りなさい!!」(^O^)/
今まで、東京では聞いたことありませんでした。

こういうふれ合いっていいですね~
これが地域のネットワークであり
大人と子供のつながり。
人と人とのコミュニケーションではないかと
感じさせられました。
P1040760_convert_2011.jpg
無邪気な子供たちの後姿と遠くから眺める山々が
何とも言えないくらいマッチしていて
思わず後姿をパシリ
「気を付けて帰ってね~」



とても癒された気持ちを抱きながら
中央商店街(新見銀座)へ。





少々、文章が長くなって
しまったので

<その2>へつづく・・・


miyuki staff

Author:miyuki staff
部長のこと♪すたっふのプライベート♪着物のこと♪趣味♪たのしいこと・うれしいこと♪くだらないこと♪こんなことまで♪気軽に覗いてみてください☆

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。